睡眠のメカニズム

レムとノンレム

睡眠には浅い眠りのレム状態と、深い眠りのノンレム状態の2つが交互に訪れます。大体90分周期で4〜5回程度繰り返しながら睡眠を取っていると言われています。

 

ノンレム状態について

ノンレムとは深い睡眠のことであり、脳が眠っているときのことを言います。ノンレム状態の中でも最初は浅い眠りからだんだん深くなりピークを過ぎるとまた浅くなっていき、レム状態へと移行しいきます。大体1回のノンレム睡眠にはこのように4段階に分れます。
例えばちょっと電車の中で寝てしまったときなど、降りる駅をそのまま乗り過ごすほど深い眠りに引きこまれることがあります。このように居眠りは殆どノンレム状態で、脳を休めていると考えられるのです。入眠してすぐにノンレム状態になるので、寝てすぐ夢はほとんど見ません。気が付いたら終点だったなんてことも、このノンレム状態になってしまうからなのです。またノンレム状態の中でも深い状態のときには心拍数も呼吸回数も少なくなります。

 

レム状態について

体は眠っていても脳は起きているという状態で、浅い眠りです。ちょっとした音などでも起きやすくなります。最後のレム状態は起きるための準備状態なので、このタイミングで起きることが一番すっきりした目覚めとなります。
この状況のときには眼球が動いたり、呼吸や心拍数が不規則になっていきます。またこの時期には夢を見ることが多いとも言われています。夢はレム状態の回数だけ見るとも言われていますが、ほとんどは覚えていないので、夢を見たという自覚がありません。夢を見やすい人は見やすいのではなく、夢が記憶しやすいと言えそうです。

 

何故眠りが必要なのか

睡眠は体と脳の休憩のためには欠かせません。体は横になっているだけでも休ませることができますが、脳は眠らない限り休めないのです。脳が休むことで精神的な疲れの改善などにつながります。また記憶、知能、知的活動の復活も休みがあるからできることです。
また深い眠りに入ると、つまりノンレム状態になると成長ホルモンが分泌します。成長ホルモンは細胞を修復、再生することで新陳代謝を高め、成長を促進したり細胞の修復、再生によって病気の原因を取りのぞいたりと予防も行うのです。つまり船で言えば、毎日ドッグに入って修理をしているようなものなのです。そのために健康な毎日が保たれているということになります。だからこそ睡眠は大切であり、どうしてもというときにはグリナで睡眠の質を高めるサポートを考えてみるのもおすすめです。

 

金縛りとは

怖い夢を見たりして、体が急に硬直して動けなくなることを金縛りといいます。幻聴や幻視なども同時に感じることもあり心霊現象と考えられることもありますが、睡眠のメカニズムから言うとレム状態のときに起きる睡眠麻痺と言われています。レム状態は浅い眠りなので夢はあまり見ません。
脳は起きて筋肉は緊張がほぐれた状態になっています。このような状態のときに突然目覚めがくると、体はすぐに動けなくなりそれが金縛りになります。数分で自然に解けたり、人に肩を叩かれただけでもスーと抜けたように戻るのことがほとんどです。特に心身ともに疲れているときに起こりやすいと言われています。