不眠症原因と種類から見た改善法

不眠症の原因にはいくつかの種類があり、それぞれの改善法があります。これらの種類は? そして改善法にはどのようなものがあるのでしょう。

 

不眠症の種類

不眠症には大きく分けて4つのタイプがあります。

  1. 入眠困難……寝付きが悪くスムーズになかなか眠れない。酷くなると朝方にやっと寝ることができ、昼間まで起きれないことも。
  2. 中途覚せい……寝付きは特に問題がなくても朝起きるまでに何回も起きたり、一度起きたら寝付けなくなるなどのトラブルがあり、朝起きてもすっきりできません。
  3. 早朝覚せい……朝予定より何時間も早く起きてしまいます。その後、起きて何かをしようという気持にもなれず、いつもの起きる時間までもんもんとしてしまうことが多いようです。
  4. 熟睡障害……時間的には十分寝ているはずでも、朝起きてもスッキリせず不快です。睡眠時間だけが長く、熟睡できていないタイプのことを言います。

 

不眠の大きな原因

大きな原因は交感神経と副交感神経がスムーズに交替できないことですが、このように自律神経が乱れるには本当にさまざまな要因があります。また要因は1つだけでなく、いくつか重なっている場合も。そこで少しでも自分に当てはまることがあれば、できるだけ改善してみましょう。

 

ストレス

ストレスは体が攻撃態勢になってしまうので、いわゆる強い興奮状態と同じ状態になります。そのためストレスが強かった日や、ストレスが溜まっていると不眠になりやすいのです。

 

薬、カフェイン、お酒などの刺激

何かの薬の副作用やカフェイン、お酒なども興奮状態になります。人によってもその出方はさまざまですが、寝る前数時間前には避けるようにしましょう。不眠が酷い場合は、午後3時以降これらの物は避けるようにしますが、病気の場合は薬をやめることができないので医師に相談するべきでしょう。

 

睡眠の環境

睡眠の環境が悪い場合があります。敷き布団やベッドの問題、枕の問題はないでしょうか。布団が重すぎることはないか、室温、湿度は心地良い状態になっているか。明るすぎて眠れない、真っ暗では逆に眠れないなどあるので自分にあった状態を作るようにしましょう。また寝室では音のトラブルはないでしょうか。
このような環境にも注意をしてみましょう。特にベッドは体が沈むようなら、ベッドのマットレスの上に綿の敷き布団を敷くだけでも改善されます。また買い換えるときには点で支えるタイプのベッドがいいでしょう。枕はあまり高過ぎないように、蒸れないものを選びましょう。

 

何かの疾患による睡眠のさまたげ

痛みやかゆみはないでしょうか。また体の火照りや頻尿はありませんか。それによって睡眠が妨げられることもあります。この場合、その症状の原因を改善することが大切になります。

 

ブルーライトによる不眠

ブルーライトは特にパソコンや携帯から影響を受けます。朝日と同じ波長を持つブルーライトはできるだけ避けなければなりません。そのため睡眠3時間程度前からはできるだけこれらを見ないようにしましょう。メラトニンの分泌ができなくなり、眠れない状態になりやすくなります。